1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

釜山と、客のいない映画館


なにも考えることなく釜山の街を歩いた。曇天の港町は湿った潮のにおいが印象的だった。
春でも晴れなら凧あげをする


桜の季節はとっくに過ぎたのだけど、四月の半ばの休日に漢江(ハンガン)という河沿いを歩いた。ちなみにこの写真にある丸い屋根の建物は国会議事堂だ。
春が来た その3


 「春が来た」と題してあっという間に過ぎて行った3月を総括している。みらいの会が日本へ帰って、その後は京都からのお客さんが続いた。
春が来た その2


「春が来た」と題してあっという間に過ぎて行った3月を総括している。前回はビザの延長ができたこととトーマスとクラスが別れて寂しくなったことを思い出した。
春が来た その1


気がついたら3月が終わっていた。あっという間の一ヶ月だ。今回は落ち着いて自分のためにも3月を整理しておこうと思う。
2年をかけて読んだ本
人間的自由の条件―ヘーゲルとポストモダン思想
人間的自由の条件―ヘーゲルとポストモダン思想
竹田 青嗣

仕事やら他の本に浮気したりすることでたびたび中断し、しばらくたつと話の流れを忘れているからまた始めから読み直す、そんなことを繰り返しながら二年あまりをかけてやっと読み終えた本。
おめでたい知らせ
山口茜さんが若手演出家コンクール2006の最優秀賞と文化庁の在外派遣の内定とダブルでゲットしたとの知らせがあって、とてもよかったと他人のことながら嬉しく思う。
戦争のある風景


以下は日本劇作家協会の会報「ト書き」に寄せた文章です。春の陽気に背中を押されて久しぶりに遠出をしました。
続きを読む >>