1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

演劇ビギナーズユニットの思い出
20歳から演劇を始めて、はじめに入った劇団が「京都・古典・劇場」というところだ。入ったと言うよりも旗揚げメンバーになった。それが3年で解散して路頭に迷ってた頃に出会ったのが、京都市と財団法人京都市ユースサービス協会が主催する「演劇ビギナーズユニット'98」だった。初心にかえってというか、もう一度やり直すつもりで参加した。
それから現在に至るまでをここにつづりました。演出家は劇団「三角フラスコ」の作・演出の花田明子さん。三角フラスコはすでに解散し、花田さんも演劇をお止めになっている。当時、花田さんからは多くを学んだし、いつか僕の作品を見ていただきたいと思っていたが、その前に演劇の世界から去ってしまわれた。そのことが心残りだ。

noartnolifenewものかき
lovetheaterトラックバックピープル
花ちゃんが大学出た後も演劇をやってて、人に影響を与えていたことに驚きだ。
とおりすがり | 2011/03/08 12:58
COMMENT









TRACKBACK URL
http://blog.tana2yo.under.jp/trackback/255624
TRACKBACK
 第11回劇作家協会新人戯曲賞の公開審査会が10日(土)、東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで開かれ、田辺剛さんの「その赤い点は血だ」が受賞作に決まったようです。「X-ray」サイトが昨年に続き、詳細な審査...
第11回劇作家協会新人戯曲賞決まる | wonderland | 2005/12/12 01:36