1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

自信を持って紹介したい
わたしがディレクターという立場で初めてのアトリエ劇研演劇祭がだんだんと迫ってきて、今はもっぱら宣伝をしている。それぞれ公演期間も短いのだけれど、ぜひ多くの方にご覧いただければと思う。
下記は演劇祭を開催するにあたってチラシやホームページに載せてある文章で、それをこの場でもう一度。

<以下、文章>

それは目撃するような観劇体験

 アトリエ劇研は繁華街からも離れ、いわば隠れ家のようにしてある小さな劇場です。そこで行われる演劇祭は打ち上げ花火のような派手さは確かにありません。下手をすると知らないあいだに終わってしまうような、そんな静けさすらあります。けれどもこの場所でこの期間に上演される演目は、あなたの好奇心を刺激するものばかりだとわたしは自信を持って紹介します。

 駅からもバス停からも少し歩いてお越しいただくことになりますが、劇場へ向かうその一歩一歩にあなたの期待を膨らませてください。日常の生活から切り離された、ひとときの非日常空間を作ってお待ちしています。

田辺 剛(アトリエ劇研ディレクター)

<以上、文章>

特設ページはこちら→。パッとした派手さはないけれど、ハッとさせる作品ばかりだとそこはしっかりと紹介していきたい。

RSS"no size"が更新されるとお知らせします

>じゅんさん
ありがとうございます。なんとかかんとかやっています。じゅんさんも先日大阪に演奏しにいらしてたんですね。もともとわたしのスケジュールが難しかったのですが、残念でした。またの機会に伺います。またお会いできるのを楽しみにしています!
田辺剛 | 2010/06/02 20:29
今日、仙台のホールで、休憩中にロビーに出て、何気なく演劇の小冊子「とまる。」ってのを見てたら、表紙&インタビューデカデカと載っててびっくりしました。
演劇やってるんですね。
大活躍のようですね!頑張って下さい。
じゅん | 2010/06/02 19:09
COMMENT









TRACKBACK URL
http://blog.tana2yo.under.jp/trackback/765101
TRACKBACK