1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

【大阪京都にて開催】下鴨車窓『微熱ガーデン』オーディションのお知らせ
fullsize『微熱ガーデン』(2016年上演/脚本・演出=田辺剛/スペース・イサン(京都)にて)

《演出より》
「孤独」と「悪」を軽やかに演じられる俳優を探しています。
 このたび下鴨車窓のレパートリー第二弾ということで『微熱ガーデン』という作品を立ち上げます。登場人物は女子大生2人と同世代の男1人ですのでおそらく若めの座組みになろうかと思いますが、向こう数年に渡って上演していくつもりですので一つの作品にじっくりと付き合っていただける方に興味をもってもらえれば嬉しいです。悪意なき悪に絡まれて孤独になった若者たちの物語です。お話にある種の重さがすでにあるので重いことを軽やかに演出できればと思っています。素敵な方がたくさんいて選びきれなければチームに分けて上演をするなど考えてもいます。ご応募お待ちしています。 田辺 剛

《企画について》
下鴨車窓の新たなレパートリー
 劇作家・演出家の田辺剛が主宰し京都を拠点に創作・公演をしている現代演劇のユニット「下鴨車窓」は、演劇作品『微熱ガーデン』を2018年11月頃から京都をはじめ国内数都市で上演いたします。この作品は2016年12月に京都にて初演された作品で、2018年度からは下鴨車窓のレパートリー作品として以降数年にわたり全国を巡演する予定です。下鴨車窓はすでに『渇いた蜃気楼(旧題「わたしの焦げた眼球/遠視」)』を初めてのレパートリー作品として2014年度から巡演し2017年度までに11都市12会場で上演してまいりました(今後も上演予定)。このたびはレパートリー作品を新たに増やすことで下鴨車窓としての公演活動をより多岐にわたって展開するきっかけにしたいと思っています。
 多大な時間と労力、費用をかけて作った新作が数えるくらいのステージで消費されるように終わってしまうことへの長年の疑問から『渇いた蜃気楼』という作品を「レパートリー化」することでその解決策にしようとする試みは、予想を超える手応えを得ることができました。場所を変えさまざまな観客の前で作品を披露する中で、俳優の演技はより安定と奥行きを増しそれは作品にも反映しました。幸いにも作品は一定以上の評価を得られ続けることができて、さまざまな地域で上演するごとに新聞評やいわゆる口コミが広がっていく良い循環が生まれました。こうした経験を踏まえて第二弾となる新たなレパートリー作品の創作と上演に臨みます。

「不気味な美しさと哀しさを湛えた舞台」(演劇雑誌「テアトロ」2017年3月号の劇評より)
 『微熱ガーデン』は、もともと下鴨車窓が主催する若手育成のためのプロシェクト「fullsize」に参加した俳優志望の若者とつくった作品でした。登場人物は二人の女子大生と一人の同じ世代の男です。20代の若者を取り巻く閉塞感を描写しようとした作品でした。その舞台は演劇雑誌に取り上げられるなど好評を得ることができ、また戯曲としましては2017年12月18日現在で第24回OMS戯曲賞最終候補に選ばれています。

新たなクリエイションで質の高い作品へ
 『微熱ガーデン』をレバートリー化するにあたり出演者は初演のメンバーではなく、このたびオーディションを開催し募ることにいたしました。もう一度じっくりと舞台の創作に取り組むことでこの作品の可能性をさらに押し広げ多くの観客を魅了できるよう目指したいと思います。創作(稽古)は京都で行い向こう数年にわたって各地への巡演を始めます。ご興味ある方、どうぞ奮ってご応募ください。お待ちしています。

《資料》
◯『微熱ガーデン』戯曲
OMS戯曲賞サイト(無料/期間限定の掲載)→ 移動する
amazon(有料)→ 移動する
◯下鴨車窓のレパートリー第一弾『渇いた蜃気楼』
2017年版プロモーションビデオ→ 移動する
2017年版特設サイト→ 移動する

◎下鴨車窓をご存じない方はぜひホームページをご覧ください。田辺の戯曲も電子書籍で販売しています。
下鴨車窓のHP

下鴨車窓『冬雷』(2017年/脚本・演出=田辺剛/津,松山,東京)


【稽古・公演概要】
下鴨車窓『微熱ガーデン』 脚本・演出=田辺剛
[稽古日程]2018年
 04月から 京都市内にて月1回程度
 09月から 京都市内にて週3日程度
 11月から 京都公演の劇場にて週5程度
 ※4月から8月までの稽古(月1回程度)は出演者との調整のうえ決定します
 ※[重要]すべての稽古は平日や土曜日の日中(10時から17時のあいだで一日三時間程度)に行います。夜間の稽古は行いませんので日中に授業がある学生の方やお勤めの方は稽古への参加が可能か十分にご検討ください。
 ※稽古時間は全体で80-100時間です。

[公演日程]※移動や舞台設営、リハーサルの期間を含む
・京都公演 2018年11月8日(木)から27日(火) 8ステージほど
・札幌公演 2018年12月6日(木)から10日(月) 3ステージほど
・津公演  2018年12月14日(金)から16日(日) 2ステージほど
・九州公演 2019年1月下旬から2月上旬にかけて 2都市計6ステージほど
 ※2019年度以降に東京大阪松山など他都市での巡演あり

【オーディション概要】
○応募資格
・上記の稽古および公演に参加できる方。※下記「注意」をご確認ください
・応募の年齢制限はありませんが選考は登場人物の設定に留意しながら行います
・未成年の方が出演する際には保護者の同意が必要です
○日時と会場
《書類審査》
  〆切(2/13)後、数日以内に合否を全員にお知らせします
《一次審査》※書類審査通過者のみ/会場は別途ご案内します
  大阪会場 2/22(木)10:30-12:30あるいは13:30-15:30
  京都会場 2/23(金)10:30-12:30あるいは13:30-15:30
  ※上記のいずれかの一回に参加していただきます
《二次審査》※一次審査通過者のみ/会場は別途ご案内します
  京都会場のみ 2/26(月)10:30-13:30
○参加料
《一次審査》1,000円 ※前日までに支払/支払方法は別途ご案内します
《二次審査》無料
○注意
・応募フォームの送信後に受付した旨をメールで返信いたします。送信して24時間以内に返信がない場合は下記までお問い合わせください
・9月以降の稽古期間の一部に他の舞台公演の稽古や本番が重なるかその可能性がある場合は応募フォームの「補足」欄にてお知らせください
<一次審査について>
・一次審査の会場や受講料の支払方法については書類審査通過者に別途お知らせします
・一次審査の合否については2/23(金)の24時までに受講者全員にお知らせします
<出演条件について>
・選考によってはダブルキャストになることがあります。その際にはすべての巡演に出演できないことがありますので(例えば京都・札幌・津公演は出演するが九州公演は出演しないなど)ご了承ください。
・レパートリー作品として巡演をする企画の都合から、出演者には舞台設営や撤収作業の手伝いなど公演の運営に積極的に関わっていただくことをお願いしています。
・出演者には負担金やチケットノルマはありません
・出演料をお支払します
・公演のための移動費と宿泊費は下鴨車窓が負担します
・居住地によっては稽古のための交通費の一部を下鴨車窓が負担します
・二次選考を経て下鴨車窓から出演依頼をする際に諸条件を提示いたします

○応募方法と〆切
下記の応募フォームに必要事項を入力し本人写真を添付して送信してください。
〆切は2/13(火)24:00
●ご応募はこちらから●

○お問い合わせ
下鴨車窓 http://mogamos.link 
 LINE=@cmv9342e
 tel=050-3709-9538
 mail= audition★mogamos.link
  ※メールアドレスは"★"を"@"に替えてご入力ください

COMMENT









TRACKBACK URL
http://blog.tana2yo.under.jp/trackback/765168
TRACKBACK