1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

下鴨車窓#12『漂着』アジアツアー/オーディションのお知らせ
 京都を拠点に活動する劇作家・演出家の田辺剛が主宰する下鴨車窓は、2015年の6月から9月にかけて国内数カ所と、さらに香港・マカオでの上演を含めたツアー公演を行うことになりました。香港とマカオの公演は、香港の演劇フェスティバルSTBD Asia Forumからの招聘を受けて実施されるものです。この機会を活かし、今回国内では公演する地域の数を今までよりも増やし「アジアツアー」と銘打って田辺剛の脚本・演出作品をより多くの人々にご覧いただくきっかけにもつなげたいと考えています。
 上演する作品は、2010年に田辺が福岡の劇団「空間再生事業 劇団GIGA」に書き下ろし、同劇団の座付き演出家、山田恵理香氏の演出によって上演された 作品『漂着』です。今回は田辺自身の演出によって、さらに脚本も登場人物を増やすなどの大幅な改訂を行って上演します。
 このたびこの作品の出演者の一部をワークショップ形式で選出するオーディションを行います。奮ってご応募ください。

◎上演台本の原作はこちら
※配布終了しました




空間再生事業 劇団GIGA『漂着』脚本=田辺剛、演出=山田恵理香/2010 年6月@京都、12月@大阪 福岡
あの男のこと


 エイプリルフールなんて馬鹿馬鹿しいと思っているしそれに乗っかるのも嫌いだが、この男が今日4/1にアトリエ劇研で公演をするということで実際に今朝劇場で見るまではほんの少しだけ疑っていた。たちの悪い冗談かもしれないと。けどあの男はいた。
ワークショップ「脚本を書いてみる」のお知らせ
京都芸術センターにて10分程度の短い演劇の脚本を書くワークショップを開催します。受講は無料で、初心者の方も歓迎です。

【1/4追記 京都芸術センターによると募集は〆切に達したそうです。ありがとうございました。キャンセル待ちのお問い合わせなど詳しくははこちら→】(京都芸術センターのHPへジャンプします)
OMS戯曲賞と公演と、いろいろ終わりました

『Krapp's Last Tape』(作=サミュエル・ベケット、演出=田辺剛、出演=藤原大介/2013.10@名古屋・七ツ寺共同スタジオ/撮影=構久夫)

 わたしの演出と藤原大介の出演による『Krapp's Last Tape』が昨晩終演しました。facebookの事前の投稿では多くの方に「いいね!」のボタンもポチポチしていただいて励ましていただき、またご来場いただいた方にも御礼申し上げます。ありがとうございました。
明日からベケットの上演です

『Krapp's Last Tape』(作=サミュエル・ベケット、演出=田辺剛、出演=藤原大介/2013年10月@名古屋・七ツ寺共同スタジオ)

 いよいよ明日木曜日からとなりました。ベケットの一人芝居『Krapp's Last Tape』の上演です。藤原大介がクラップという69歳の老人を演じます。明日からと言っても、明日と明後日の2日間だけなのであっという間に終わるのだろうと思いますが。
「リーディング」って何だろうとまた考えた

日英現代戯曲交流プロジェクト『いつか、すべて消えてなくなる』
(2008年2月@伊丹・アイホール/撮影=清水俊洋/主催=伊丹市、財団法人伊丹市文化振興財団)

 いわゆる「リーディング」の演出をしたのは、2008年にイギリスの劇作家、わたしと同じ世代くらいの女性だったが、その新作をアイホールさんの企画でやったのが初めてだった。「リーディング」って何をするのかというのが、いまいちよく分からなくて、とりあえずその戯曲を「紹介すること」だという方針で臨んだのだった。
 ハードディスクを整理していたらそのときの舞台写真が出てきた。ホームページのトップにもまた別の写真を載せましたのでよろしければ。樋口ミユ(当時は樋口美友喜だった)はやっぱりかっこいい。彼女とわたし同い年です。
【受講生募集】50hoursワークショップ+試演会
およそ50時間のワークショップ(稽古)で
30分ほどの短編作品をつくり
その成果を発表するプログラムです。



下鴨車窓#11『建築家M』2013.5@アトリエ劇研ほか 撮影=築地静香

 下鴨車窓では新たな俳優との出会いと、将来作品づくりをともにする可能性を探るために、成果発表会のあるワークショップを開催することになりました。下鴨車窓は作品をつくるごとに出演者を募っていますが、旧知の俳優だけでなくつねに新しい人材を探しています。そのため、時にオーディションも行いますが、数時間の場での決断には限界を感じつつあり、短くても一つの作品をつくることで今後の長編作品をつくる可能性を探るカタチを考えました。
 5人程度を定員とする少人数の座組で、具体的な作品づくりを通じて短いながらも濃密な時間になることを目指します。このワークショップでもって次回作出演の合否がただちに出ることはありませんが、お互い(下鴨車窓と受講生)がよく知り合って次の機会につながればと思います。
 ご応募お待ちしています。
続きを読む >>