1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

PROFILE
田辺 剛
田辺剛と申します。京都を拠点に演劇の脚本と演出で創作活動をしています。相変わらず派手さに欠ける作品ばかりですが、人間とそれが生きるこの世界について考え続けています。

◎下鴨車窓のホームページもぜひご覧ください。
http://tana2yo.under.jp

◎ご連絡、仕事のご用命はこちら ※メールフォームを設置しました

[経歴]
 劇作家、演出家。1975年生まれ。福岡県福岡市出身。現在は京都市に在住し、創作活動を続けている。
 京都大学在学中に演劇を始める。学生時代の活動は1995年に旗揚げから参加した劇団「京都・古典・劇場」で主に演出を担当した。ギリシャ悲劇から三島由紀夫まで東西の古典戯曲を手がける。大学卒業後は、劇団「t3heater」(1999年結成)を経て2004年からは作品ごとにメンバーを募る創作ユニット「下鴨車窓」を中心に活動を行う。
 2005年に『その赤い点は血だ』で第11回劇作家協会新人戯曲賞を受賞。2006年秋より文化庁新進芸術家海外留学制度で韓国・ソウル市に一年間滞在し、劇作家として研修する。2007年に『旅行者』で第14回OMS戯曲賞佳作を受賞。
 2000年から2014年まで京都の小劇場「アトリエ劇研」(京都市左京区)の劇場スタッフを務め、特に2008年には同劇場のディレクターに就任して劇場の運営責任者となった。2014年8月末に任期満了にて同ディレクターを退任するとともに同劇場も退職。そして2014年10月からは「スペース・イサン」(京都市東山区)のプロデューサーに就任、2016年12月まで劇場運営に携わる。

[「下鴨車窓」での舞台創作]
<2016年>
#14『旅行者』
 8.6-7@AI・HALL(兵庫)
 8.20-21@座・高円寺(東京)
<2015年>
#13『渇いた蜃気楼』
 9.17-22@スペース・イサン(京都)
 9.26-27@本行寺(岡山)
 2016.5.6-8@ゆめアール大橋小劇場(福岡)
 5.9@枝光本町商店街アイアンシアター(北九州)
 5.13-15@こまばアゴラ劇場(東京)
#12『漂着(island)』
 6.12-15@京都芸術センター
 6.25-27@水泊劇場(香港)
 6.29@自家劇場(マカオ)
 7.4-5@八尾プリズムホール(大阪)
 8.22-23@三重県文化会館
 8.26-30@こまばアゴラ劇場)
<2013年>
#11『建築家M』
 5.9-13@アトリエ劇研(京都)
 5.22+23@大博多ホール(福岡)
 5.30+31@アステールプラザ(広島)
#10『煙の塔』
 1.31-2.5@アトリエ劇研
<2012年>
#09『小町風伝』
 1.20-22@アイホール(兵庫)
<2011年>
#08『人魚』
 8.3+4@アステールプラザ(広島)
 7.30-8.1@ぽんプラザホール(福岡)
 7.22-24@アイホール(兵庫)
#7『王様』
 1.29+30@アステールプラザ(広島)
 2010.12.16-23@アトリエ劇研
<2009年>
#6『人魚』
 12.9-14@アトリエ劇研
#5『書庫』
 3.7+8@七ツ寺共同スタジオ(名古屋)
 2.28-3.2@こまばアゴラ劇場(東京)
 2008.11.7-11@アトリエ劇研
<2008年>
#4『農夫』
 6.25-29@アトリエ劇研
#3『旅行者』
 3.20-23@精華小劇場(大阪)
<2006年>
#2『旅行者』
 3.16-21@京都芸術センター
<2004年>
#1『その赤い点は血だ』
 12.17-19@アトリエ劇研

[外部からの委託や招聘による創作(一部)]◎は関連・参考サイト
・リーディングナウ2014『マッチ売りの少女たち』/演出
  2014年8月@宮崎県立芸術劇場
  主催=(公財)宮崎県立芸術劇場/
・マレビトの会『HIROSHIMA-HAPCHEON』/演出助手
  2010年10月@京都・京都芸術センター
  2010年11月@東京・自由学園明日館講堂
  2011年10月@ソウル・アルコ芸術劇場(スタジオダラク)
  主催=マレビトの会(京都)、フェスティバル/トーキョー、SPAF(ソウル)/
・マレビトの会『PARK CITY』(作・演出=松田正隆)/ドラマトゥルク
  2009年08月@山口・山口情報芸術センター
  2009年10月@滋賀・びわ湖ホール
  主催=財団法人山口市文化振興財団、財団法人びわ湖ホール、
     マレビトの会ほか/
・演劇引力廣島第6回プロデュース公演『マザーヒステリカ』/演出
  2009年2月@広島・アステールプラザ
  主催=財団法人広島市文化財団、アステールプラザ/
・『DICTEE』(構成・演出=松田正隆)/ドラマトゥルク
  2008年9月@京都造形芸術大学STUDIO21
  主催=京都造形芸術大学舞台芸術研究センター/
・日英現代戯曲交流プロジェクト ドラマ・リーディング
 『いつか、すべて消えてなくなる』
/演出
  2008年2月@兵庫・AI HALL
  主催=伊丹市、財団法人伊丹市文化振興財団/
・京の演劇活性化プログラム・合同創作劇
 「ちっちゃな太鼓の涙と」
/脚本
  2006年1月@京都府立文化芸術会館
  主催=京都府、財団法人京都文化財団ほか/
・企画「まちかど芸術」/企画ディレクター、脚本、演出
  2005年10月@京都橘大学とその周辺地域
  主催=京都橘大学文化政策研究センター/
・大阪現代演劇祭「今日、このハコ」/脚本と演出
  2004年10月@芸術創造館
  主催=大阪市、財団法人大阪都市協会/
・フリースクール「みらいの会」における演劇創作/企画、脚本と演出
  1999年9月〜@京都、全国地域、韓国

[主な戯曲]
 『ある辺境にて』(第4回近松賞最終候補)
 『旅行者』(第14回OMS戯曲賞佳作受賞)
 『その赤い点は血だ』(第11回劇作家協会新人戯曲賞受賞)

[著作]
 日本劇作家協会編集「優秀新人戯曲集2006」プロンズ新社、2005年。
 日本劇作家協会編集「優秀新人戯曲集2003」プロンズ新社、2002年。
 日本劇作家協会編集「優秀新人戯曲集2001」プロンズ新社、2000年。

[舞台作品のフェスティバル等への参加]
'11年01月 HIROSHIMA 演劇祭2011冬のお好みシアターフェスティバル/『王様』(脚本・演出)
'09年02月 こまば冬のサミット2009/『書庫』(脚本・演出)
'08年06月 アトリエ劇研演劇祭/『農夫』(脚本・演出)
'08年03月 精華演劇祭/『旅行者』(脚本・演出)
'06年03月 京都芸術センターセレクション/『旅行者』(脚本・演出)
'04年10月 大阪現代演劇祭/脚本と演出